本文へスキップ

プログラミングが学べる大学・専門学校一覧。ゲームプログラマー・VR研究者になるには。

 

プログラマーとSEの違い

IT業界の仕事の中でも比較的多く登場するのが、プログラマーとSEという職種だと思いますが、この2つの職種にはどのような違いがあるのかというと実際には知られていない事も多いのではないかと思います。

プログラマーとSEの仕事内容

プログラマという職種は基本的に開発に適した言語を使用をしてプログラミングという作業を行う事が主な仕事内容になります。

一方でSEというのは、システムエンジニアの略称で、職種的にはプログラマよりも上位的な立場の場合が多くなります。以下、SEの仕事内容をもっと詳しく紹介します。


SEの仕事内容の流れ

SEの仕事の流れとしては、導入するべきシステムの総合的な管理をする人材として業務を行う職種で、プログラミングを行うための作業を含め多くの業務内容があります。

SEは営業と同伴したり兼任の場合もありますが、はじめにクライアントとの話し合いの中で、どのようなシステムが必要になるのかを聞き出して、システムの大まかな内容を検討します。

この段階でクライアントの要望をしっかりと引き出せないと、後々の工程で仕様変更が頻繁になりプログラミングの手間にも繋がるので大事な箇所になります。

次に開発に必要なシステムや開発環境を整えるための要件定義という作業を行い、実施のシステムの流れなどを把握するための基本設計を行います。

次に今回の仕事で利用する開発のシステムをどのような言語を用いたり、プログラマに指示項目として必要とされる詳細な設計を行い、プログラミング作業を任せます。

単体テストや結合テストなどに立ち会いながら、最終的に導入とテスト運用から実際に利用を開始するまでの、技術的な面や問題点などに対応するための業務を行いないます。

これらの作業がシステムエンジニアの業務として考えられますが、実施の開発現場では小規模のシステム開発の場合には、プログラミングも作業として行う事もあります。

プログラマー兼任のSEもいる

通常のシステム開発を行っている企業などでは、入社をして数年はプログラマーとして仕事をしながら、システムエンジニアの仕事を手伝いなどをしながら覚えていきます。

一般的には明確な差は出してはいませんが、企業によってはシステムエンジニアの人には役職を与えたりして区別をしているケースもあります。


バナースペース

プロフィール

30代女性のイラスト

運営者:30代主婦
大学工学部情報工学科で働いていました。

詳しい自己紹介はこちら

オンラインスクール