本文へスキップ

プログラミングが学べる大学・専門学校一覧。ゲームプログラマー・VR研究者になるには。

 

高校生の進学、大学か専門学校どちら?

高校生の進学先として、プログラミングを学ぶのであれば、大学がいいのか、専門学校がいいのかというお悩みを持つ高校生にアドバイス。

大学か専門学校かを選ぶ際のポイントは、習得したい期間と技術内容です。

専門学校を選ぶメリット

短期間ですぐに使えるプログラミングを学んで、就職などに活かしたいというのであれば専門学校の方がいいでしょう。プログラミングの内容もかなり目的を絞ることになります。

例えばゲームのプログラマーとなる!というように分野も絞ることになるでしょう。そのため、すぐに使える実践力を付けることが出来るのが専門学校の魅力です。

専門学校はその名前の通りに専門知識を習得したいという人にお薦めです。具体的にやりたいことが決まっていて、そのための技術や知識を身につけたいという人向きです。就職を考えている人向けでもあります。

大学で学ぶメリット

これに対して大学では、最初の段階では教養課程もありますし、専門のプログラミング技術を身につけるというよりは、まずは広く社会的な教養を身につけた後で、専門のプログラミングを学ぶことになります。

この時は大学の教授の下で、研究室に入ってプログラムを学ぶことになりますので、その大学の考え方や教授の考え方、研究室の方向性というものによって、学べることが変わります。

企業と提携して、はるか将来的なことに使う基礎研究をするようなこともありますし、すぐに使える実践力のあることをしているケースもあります。

研究室や教授の考え方によって、非常に多岐にわたって異なることをしているので、自分がやりたいこと、学びたいことに沿っているのかということを見極める必要があります。

また、プログラミングはやりたいけれどもまだ、どういう分野で使うかは考えてはいないというようなケースでは、間口の広い大学を選ぶといいかもしれません。広く学ぶことから始まるので、その中で自分が何をしたいかを考えていくという人にはこちらが向いているでしょう。

そして、多様な研究室があるので、特殊なことをしたいという人にも向いています。


バナースペース

プロフィール

30代女性のイラスト

運営者:30代主婦
大学工学部情報工学科で働いていました。

詳しい自己紹介はこちら

オンラインスクール