本文へスキップ

プログラミングが学べる大学・専門学校一覧。ゲームプログラマー・VR研究者になるには。

 

VR(バーチャルリアリティ)を学べる大学

2016年はVR元年と言われていました。大学でVR(バーチャルリアリティ)を学びたい受験生もたくさんいますよね。

VR(バーチャルリアリティ)の研究室があるのは、主に工学部情報工学科です。

大学によって学科名は異なることもありますので、詳細は資料請求するなどしてご自身で確認してください。

下記大学以外にもVR(バーチャルリアリティ)学ぶことができる大学がありますので、自分でいろいろ調べてみると楽しいですよ。


大学一覧


専門学校一覧


大学生の口コミ

茶道の魅力をVR(バーチャル・リアリティ)を利用して広めたい

情報メディア学科ではVR(バーチャル・リアリティ)を学んでいるので、それを利用してバーチャルな茶室を作り、茶道をもっと気軽に体験してもらいたいです。

なかなか周囲には関心を持ってもらえない茶道ですが、VRの力を借りて、私が茶道の精神から受けた感銘を多くの人にも感じてもらえたら、と思っています。(つづき↓)

東海大学在学生のキャンパスレポートより


研究者紹介

バーチャルとリアルの融合技術で防災意識を喚起する

VR(人工現実感)やAR(拡張現実)の技術を社会に応用する研究に取り組んでいます。

今、力を入れているのが、専用ゴーグルを使って水害を疑似体験できるスマートフォン用のアプリケーションソフトの開発です。

CGで再現した街で津波に襲われるという疑似体験を可能にしたもので、すでに自治体の防災教育などに活用。

疑似体験者からは「とても危機感を感じ、具体的な対策行動をとる必要性を強く感じた」という声が多く、災害に対する危機意識の向上に役立っていると実感しました。(つづき↓)

愛知工科大学板宮朋基准教授 


バーチャルリアリティコンテスト

国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト(IVRC,International collegiate Virtual Reality Contest)は1993年から毎年開催されています。

大学での勉強だけでなく、技術を競ったり国際交流もできますよ。

詳細:日本バーチャルリアリティ学会


バーチャルリアリティの研究分野

  • サイバースペース(仮想都市):人間と仮想環境を結びつけるインターネット技術
  • アート&エンターテイメント:ゲームや映画といった新しいエンタテインメントを実現するためのVR技術
  • VRと心理学:人間の知覚やそこから派生する心理現象のメカニズムの解明においてVR技術を積極的に利用。
  • テレイマージョン:Tele-Imeersion、臨場感通信
  • 香りと味のVR:
  • 複合現実:仮想世界(AV)と現実世界を融合させる技術(AR)の両方を扱う複合現実(MR)
  • デジタルミュージアム:ミュージアム展示にVR(バーチャルリアリティ)やMR(複合現実)の技術等を導入すること。
  • 超臨場感:まさにその場に自分がいるかのように事物を体感できるようにすること、もしくは遠く離れた場所にある事物をあたかもその場にあるかのように体感できるようにするためのコミュニケーション技術の総称。
  • テレイグジスタンス:、遠隔地にある物(あるいは人)があたかも近くにあるかのように感じながら、操作などをリアルタイムに行う環境を構築する技術およびその体系のこと。
  • 超人スポーツ:「人間拡張工学」に基づきスポーツとテクノロジーを融合した、年齢や身体能力・障害の有無等に関わらず誰もが楽しむことができる可能性を秘めた人機一体の新しいスポーツ。

日本バーチャルリアリティ学会より一部引用


バナースペース

プロフィール

30代女性のイラスト

運営者:30代主婦
大学工学部情報工学科で働いていました。

詳しい自己紹介はこちら

オンラインスクール